JAPANESE | ENGLISH

はじめてご利用の方はこちら

展覧会

これからの展覧会

第2回海の日芸術祭ニューヨーク展

会期 

震災を超えて 福島から世界へ
後援: 国際交流基金、日本財団、福島県国際交流基金協会

「福島を芸術文化で元気に!」をスローガンに集った芸術家  41人による、第2回海の日芸術祭ニューヨーク展を10月4日(木)より開催します。

 

本展覧会を主宰する福島在住の現代芸術家なまためみちお氏は、「震災から7年経ちますが、甚大な被害を出した福島県内は、復興が完全に進んで平常を取り戻した状態とは程遠いと言えます。芸術家たちが福島に寄せる気持ちを改めて世界に届けたい、また復興を遂げようとする福島をアピールしたい」と、2回目のニューヨーク展に向けた抱負を語っています。

本展では、なまため氏の他に40名の若手芸術家が40点の平面作品と、1点の立体作品を展示。出品作品には、東日本大震災前の古里の豊かな海への感謝や津波の犠牲者に対する鎮魂の思いが込められています。

「原発事故の風評は依然として根強いですが、古里の海の美しさは変わっていません。芸術作品を通し、改めて、福島の復興への歩みを多くの人に知ってもらえればと思います。東日本大震災以降の心の復興と、福島における新しい文化芸術の発展、更には日本の現代美術を世界に発信していければ」と、なまため氏談。

■ 出展作家
佐藤ひろみ、黒川雅子、塚田洋子、岡本真美、こうごみつる、小枝真紀、板内愛海、石田美穂、山田絵美子、長谷川裕美、大橋美保、廣瀬奈津子、遠藤智美、小林弥生、mie(西坂美重)、としの(安藤)、長谷川 亞紀、柳沼智美、佐藤未来(小山)、香月(先崎香月)、鎌田萌奈美、坂本麻美、岡本順子、菅野絵里、みやぞ荒木都子、井上智恵子、大内英明、大塚浩司、赤津正浩、可世木博親、片野拓也、栗原莞爾かんじ、池田田鶴子、石川文代、ヒロトミザワ、ユキ・ヒロ、吉田成寿、星章寛、ムラカズユキ、なまためみちお、出口雄樹

■ 海の日芸術祭活動実績
2015年 いわき市文化振興基金の助成を受ける。
2016年 福島県サポート事業の助成を受ける。いわき市市政50周年事業として展覧会を開催する。上海アートショーとの連携事業での上海展出品。
2017年   第1回海の日芸術祭ニューヨーク展

 


近藤朱鳳 & 朱鳳日本倶楽部書作展「伝承と創造」

会期 2018/9/25(Tue)-10/1(Mon)

日本ギャラリーでは、9月25日(火)より、書道家近藤朱鳳による日本ギャラリー3度目の書作展「伝承と創造」を開催いたします。朱鳳が書道指導をしてきた50年の節目にあたる今年は、日本朱鳳倶楽部会員の作品も展示致します。

 

近藤朱鳳の祖先は、江戸時代14代将軍徳川家茂に儒学や書道を教えた近藤雀山です。雀山の曾孫で伝統書道家の近藤露石は朱鳳の父であり、書道の師。祖先から中国の古典を伝承し、その筆法を伝え続けてきた朱鳳は、今年中国が開催した「国際書画篆刻名家邀請展」に選出されました。

 

朱鳳が一貫して守って来たことは、「古い芸を真似、新しい芸を工夫するにせよ、決して先人の残した伝統を邪道に貶める事があってはならない」と言う風姿花伝の言葉です。

 

本展では「風姿花伝」をモチーフにしたもの、王羲之の蘭亭序、竹筆で揮毫した大書「創」のほか、朱鳳倶楽部の会員による創作作品を展示する予定です。

 

また、朱鳳が18年間書道指導をしてきた社会福祉法人育夢糸をかし(障害福祉サービス)のメンバーによる作品も展示します。その中には 国際的アートプロジェクトでの受賞作も有ります。

 

更には、ジュエリーデザイナー吉田裕子氏のジュエリーと書のコラボレーションは、新たなアートの世界への挑戦となりました。「先人の残した大切な心が 一人一人の新たな表現の中に生かされて行くことを切に願っています」と、朱鳳は本展にかける意気込みを話します。

 

会期:2018年9月25日(火)-10月1日(月)
場所:日本クラブ7階日本ギャラリー
時間:月~金 10:00 am~6:00 pm
土 10:00 am~5:00 pm・日曜休館

 

ギャラリートーク/ 書道パフォーマンス
日本胡弓学会の会長である李 亜輝氏の胡弓の演奏に合わせて、近藤朱鳳氏が即興で漢詩を揮毫します。
日時:2018年9月29日(土) 1:30 pm~3:00 pm
入場無料:(要予約):日本クラブ事務局本多まで yhonda@nipponclub.org

 

近藤朱鳳 (こんどう しゅほう)
朱鳳のルーツは遡ること江戸時代、江戸幕府第14代征夷大将軍 徳川家茂に儒学や書道を教えていた近藤雀山である。文献によると雀山は、儒学・書道のみならず、あらゆる芸術文化に精通していた人物としての記述がある。雀山は江戸幕府崩壊後、今の静岡県富士宮市に芙蓉学塾を開き、多くの優れた人材を輩出した。 また雀山の妻・君子は、明治天皇の妃・昭憲皇太后の和歌の師でもあったと伝えられている。雀山の曾孫にあたる近藤露石は、朱鳳の父であり書の師である。露石の父は、京都嵯峨野において金森流抹茶総家として活動していた芙雪庵幽芳齋である。伝統書家であった父・露石より書の素晴らしさを学び、伝統的な「書」を継承しつつ研鑽を続け朱鳳の「書」の世界を確立した。その「書」は世界でも芸術として高く評価されている。

 

李 亜輝 (り あき)
日本二胡(胡弓)学会理事。日本二胡振興会理事。二胡演奏家、二胡指導者として 合奏団の指導監督の一方で日中文化芸術交流、異文化交流など多数の社会貢献活動を実施している。日本では、朱鳳との二十年に亘るパフォーマンス活動の中で、本展へのご協力となった。

 

社会福祉法人育夢(はぐくむ)糸をかし
社会福祉法人育夢(はぐくむ)糸をかし(障害福祉サービス)は、1993年に障害のある人たちの活動拠点作りの準備をはじめ、開所当初から人形劇や音楽パフォーマンスなどに取り組み、仲間と共に表現することの楽しさを積み上げ、自信の回復に努めてきた。

2006年より、書道家近藤朱鳳との出会いにより、筆を執り文字を描く体験を通して新たな自己表現の楽しみを得る事ができるようになった。2013年、障害国際交流センタービッグ・アイで開催されたアートプロジェクトへの応募において、複数の作品が受賞。

2018年1月に、糸をかし創設25周年と近藤朱鳳書歴50周年記念としてコラボ書作品展「よろこべば」を開催。この度の日本クラブでの出展を通して、様々な人との出会いの中で発揮された個々の素晴らしい作品を『糸をかし天性の創造』と題し、展示する。

 

イベントカレンダー

  • S
  • M
  • T
  • W
  • T
  • F
  • S
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
バナー広告
ご希望の方はこちらへどうぞ。