JAPANESE | ENGLISH

はじめてご利用の方はこちら

展覧会

「光華」- 書家近藤朱鳳と3人のアーティスト李亜輝 (ニ胡奏者)、中山智介 (画家)、鈴木明子(万華鏡作家)

日本ギャラリーでは、9月12日(木)より、書道家近藤朱鳳による日本ギャラリー4度目の展覧会を開催いたします。今年は、「光華(こうか)」をテーマに、画家の中山智介、万華鏡作家の鈴木明子、二胡奏者の李亜輝の三人のアーティストとのコラボレーションを行います。

「光華」は、光輝くこと。一人ひとりの輝きを意味します。文字や言葉は光となって人生を照らし 絵は目から心に届いて人に寄り添い  万華鏡は輝く花のように人を笑顔にします。人生の中で 偶然出会った言葉や絵や音楽に癒されたり、勇気づけられたり、、、は誰でも経験があることかと思います。近藤朱鳳の書、中山智介の絵、鈴木明子の万華鏡を通して それぞれの作家の思いが一つになります。そして、その空間を包み込む胡弓の音色は皆様を魅了することでしょう。

会期中、毎日午後1時半から午後3時半まで、4人のアーティストによるワークショップ(入場無料)を開催致します。ワークショップでは、二胡奏者の李亜輝氏が、皆様のリクエストにお答えし曲を奏でます。是非、ご来場下さい。

近藤 朱鳳 (こんどう しゅほう)
朱鳳のルーツは遡ること江戸時代、江戸幕府第14代征夷大将軍 徳川家茂に儒学や書道を教えていた近藤雀山である。文献によると雀山は、儒学・書道のみならず、あらゆる芸術文化に精通していた人物としての記述がある。雀山は江戸幕府崩壊後、今の静岡県富士宮市に芙蓉学塾を開き、多くの優れた人材を輩出した。また雀山の妻・君子は、明治天皇の妃・昭憲皇太后の和歌の師でもあったと伝えられている。雀山の曾孫にあたる近藤露石は、朱鳳の父であり書の師である。露石の父は、京都嵯峨野において金森流抹茶総家として活動していた芙雪庵幽芳齋である。伝統書家であった父・露石より書の素晴らしさを学び、伝統的な「書」を継承しつつ研鑽を続け朱鳳の「書」の世界を確立した。その「書」は世界でも芸術として高く評価されている。

李 亜輝 (り あき)
日本二胡(胡弓)学会理事。日本二胡振興会理事。二胡演奏家、二胡指導者として合奏団の指導監督を務める一方、日中文化芸術交流、異文化交流など多数の社会貢献活動を実施。日本では、朱鳳との二十年に亘るパフォーマンス活動を行っている。

中山 智介 (なかやま ともすけ)
東京藝術大学大学院修了。日仏現代美術展入選サロン・コンパレゾン賞1席受賞を始め、数々の賞を受賞。国画会会員。日本美術家連盟会員。 1990年以降、毎年個展を開催し、現在まで日本やヨーロッパで137回の個展を開催。油彩画家ではあるが、洋画・日本画・コラージュなど、描く世界は自由で、ジャンルにこだわらない作品を制作。作品には日本伝統材料の銀箔とフランスペベオ社製のヴィトラーュ(アルキド樹脂絵の具)を使用。銀箔の上にヴィトラーュを塗ると、銀箔の奥深い輝きと、ヴィトラーュの透明感のある発色の良い色とが重なる。本展では、画面の奥から来る輝きが、光を浴びたステンドグラスのように見え、発光した透明感の美しさが際立つ作品群を展示予定。

鈴木 明子 (すずき あきこ)
2003年アートとしての万華鏡と出会い創作をはじめる。その翌年カレイドスコープ フォトン設立。2010年初の個展となる『鈴木明子万華鏡展』(三木堀光美術館)を開催。2015年には、アメリカでおこなわれる Brewster Kaleidoscope Society に初参加。2017年には、初の日本開催となる万華鏡京都世界大会でのプレゼントスコープ担当。2018年京都仏具師との共同作品で、京都市長賞受賞。2019年 アメリカ ストラスモア展には審査委員賞受賞。

会期 9/12 (Thu)-9/18 (Wed)
開催時間 Monday-Friday 10:00-18:00
Saturday 10:00-17:00
Sunday Closed
場所 Nippon Gallery
Nippon Club 7th Floor
145 West 57th Street, New York, NY 10019
入館料 Free
詳細

これからの展覧会

~ジャパニーズ禅スピリット~美崎久美子ストリングアートの世界

会期 9/26(木)~10/1(火)

日本ギャラリーでは、独自の芸術観により新たなジャンルを切り開いているストリング・アーティストの美崎久美子(みさき くみこ)氏による展覧会を開催いたします。

 

ストリングアートは、板に釘を打って、その釘に糸をかけていくアートです。使う糸の色や素材、釘の打ち方により様々な表現が可能です。美崎氏のストリングアートは、繊細な技術と豊かな感性でデザインされた模様に、厳選された色鮮やかな糸を掛けていくのが特徴です。

 

美崎氏がストリングアートと初めて出会ったのは、糸かけ曼荼羅のワークショップでした。曼荼羅は、仏教の世界観を表現した絵画ですが、糸かけ曼荼羅は仏教とは関係なく、円・渦・方形などの複数のシンボルを一定の秩序で組み合わせ、豊かな色彩とともに表現されたアートです。糸かけ曼荼羅の制作過程には、座禅の瞑想をしている時と同じ脳波のα波になる時があり、作成する者にしか体験出来ない、心地よいリズム感と深いリラクゼーションに導かれ、鮮やかな色彩に癒されます。制作者自身を癒すヒーリングアートの要素が主な糸かけ曼荼羅から始まり、アートというフィルターを通して癒しを伝える制作をベースに、枠にとらわれないイメージを表現するストリングアートへと美崎氏の作品は次第に移行していきました。物作り・アートの道を歩んできた美崎氏にとっての一つのテーマである「どこからが芸術なのか?」を探るべく新たなチャレンジが始まりました。美崎氏にとって表現とは、自分自身を見つめ直し、何かにとらわれることない世界観を更新し、真実へ帰るプロセスだと言います。

 

本展では、癒しと調和をテーマ、色や形で空間に再構築した色鮮やかな作品をご紹介いたします。 釘と糸による、美崎久美子の創意溢れる芸術作品をお楽しみ下さい。

 

美崎氏在廊中に糸かけ曼荼羅体験ワークショップをご用意しております。 また、9 月 28 日(土)の午後3時から4時まで、美崎氏によるギャラリートークを予定しています。トークでは、ギタリストの関将氏によるミニコンサートも予定しています。日本民謡からジャズ、インドネシアのガムランまで、ギター1 本で表現する演奏は必聴です。皆様のご来場をお待ち申し上げております。

 

美崎久美子略歴

・兵庫県立明石高等学校美術科 卒業
・大阪芸術大学芸術学部工芸学科 卒業
・2014.第 17 回エイズチャリティー美術展(国立新美術館)新人賞受賞『想い』
・2016.第 19 回エイズチャリティー美術展(国立新美術館)エイズ予防財団賞受賞『Rise~上昇~』
・2016.カフェ&ギャラリー ココカラ∞ 個展
・2018.Artist Gallery FLORE 個展『イトカケ』
・2018.NGL ギャラリー企画展出展『KU-miko Art』
・2019.Artist Gallery FLORE 企画展『睦月展~うつくしい和』

 

 

イベントカレンダー

  • S
  • M
  • T
  • W
  • T
  • F
  • S
  •  
  •  
  •  
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
バナー広告
ご希望の方はこちらへどうぞ。