JAPANESE | ENGLISH

はじめてご利用の方はこちら

展覧会

これからの展覧会

竹内修青銅アートオブジェinニューヨーク2017

会期 4/12~4/27

Osamu Takeuchi-1

日本ギャラリーでは金剛仏像の製作で知られる竹内修(たけうち・おさむ)の第2回ニューヨーク展「金のことば&C‐アート」を4月12日(水)から4月27日(木)まで開催します。

人物、動物、魚、植物などの形は、アルファベットの「C」に似た曲線が基本となり、その組み合せによって作られていると竹内は考えています。その「C型」の曲線を立体的にし、自然を最小の形で表現した青銅製のオブジェを「C型基本形」として大小6種類を制作、その組み合せによって、さまざまな思いや概念を表現したオブジェを「C‐アート」と名付けています。本展では竹内が2015年に発行したアートと言葉の作品集「金のことば」から厳選したオブジェ6点と新作5点を展示します。

入場無料
月~金 10:00~18:00、土 10:00~17:00、日曜休館
問い合わせ:電話212-581-2223

竹内修:
早稲田大学理工学部数学科を卒業後、国立リヨン大学経済学部に於いて“ヨーロッパ広域経済圏の数理経済学”の研究のため渡仏。その後、国立パリ大学(第5)へ“統計学及びマーケティング”の研究で再度留学。経済や統計学のみならずフランスの都市計画や西洋美術、ファッション等、多方面に渡り色々な知識を得た。帰国後、貿易や不動産開発、IT関係の会社経営に携わると同時に、200年近い歴史を持つ銅器製造業、高岡鋳芸社の経営にあたり、神社仏閣の建築装飾品や大仏、銅像等のデザイン・製造・販売を一括して手がけた。十数年前からⅭ‐アートを立ち上げ、技術者の育成と共に、美術家としての道も歩き始めた。

イベントカレンダー

  • S
  • M
  • T
  • W
  • T
  • F
  • S
  •  
  •  
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
バナー広告
ご希望の方はこちらへどうぞ。