JAPANESE | ENGLISH

はじめてご利用の方はこちら

展覧会

これからの展覧会

浄法寺塗り展覧会~にのへシティフェア in ニューヨーク 2017~

会期 2017/10/20 (Fri)-10/21 (Sat)

Joboji Urushi

日本ギャラリーでは、10月20日(金)と10月21日(土)の2日間、岩手県二戸(にのへ)市が世界に誇る漆、「浄法寺(じょうぼうじ)塗り展覧会」を開催致します。

二戸市は岩手県内陸北部に位置する人口約3万人の小さな町で、国産漆生産量の約7割を占める日本一の生産地です。日常の器として使用されてきた「浄法寺漆」の起源は古刹天台寺にあるといわれ、現代の塗師達も浄法寺漆にこだわって日々の暮らしに根付いた漆器を作り続けています。

また、漆掻き職人たちによってウルシの木から一滴一滴採取される「浄法寺漆」は最高質の漆として知られ、日本各地の漆器や漆工芸品に使用されているほか、世界遺産に登録されている鹿苑寺金閣、中尊寺金色堂、日光東照宮など、日本の代表的な国宝建造物の修復、保存でも重要な役割を果たしています。

会期:
2017年10月20日(金)  午前10時〜午後6時
2017年10月21日(土)  午前10時〜午後5時
(下記セミナー中の午後2時〜午後3時半は除く)
場所: 日本クラブ7階 日本ギャラリー
入場料: 無料

***

セミナー「日本の漆とその工芸について」

展覧会2日目の10月21日(土)午後2時より3時半まで、「日本の漆とその工芸について」セミナーを開催いたします。詳細は下記の通りです。
場所
: 日本クラブ7階 日本ギャラリー
日時:2017年10月21日(土) 午後2時〜午後3時半 (開場・受付午後1時半)
要予約:定員40名様。お席に限りがございますので、お早めにお申し込み下さい。
参加費用:無料
参加申込:以下のEventbrite 特設ページ(リンク)よりお申し込みください。
https://joboji2017.eventbrite.com

講師:町田俊一(まちだとしかず)
町田俊一漆芸研究所・工房 lakka puu代表、浄法寺漆認証委員会委員長、日本文化財漆協会、日本工芸会、日本デザイン学会所属 千葉大学大学院博士
(学術)論文「地域の伝統的工芸品産業へのデザイン活用・展開~浄法寺漆器産業の復興を事例として~」 自身の作品も国内で多数受賞しているほか、新しい浄法寺漆器の開発や技術者の育成にも従事。

主催: 岩手県二戸市、にのへブランド海外発信事業実行委員会
総合企画・実施:フォーカスアメリカコーポレーション
協力:サケディスカバリーズLLC


中島淳一展「花と夜明け」

会期 11/2 (Thu)-11/8 (Wed)

中島淳一作品

中島氏は9歳の時に読んだゴッホの伝記に感銘を受け、密かに画家になることを夢見るようになります。22歳でアメリカのベイラー大学に留学。英詩を書きながら、絵と版画を学びます。日本に帰国後、数々の国際展に出品し、受賞。東京の画廊を中心に精力的に作品を発表します。

33歳で自作自演の一人演劇を開始、少年の日に憧れたあのゴッホを演じ始めました。するとある日、向日葵を描きたい激しい衝動に駆られ、それをきっかけに向日葵や薔薇を描くようになりました。

そして40歳。夜明けの空に魂を奪われる体験をします。深い夜の闇を破り、地平線に太陽が昇り始める。その光は空に浮かぶ多様な雲の層を照らし出し、やがて巨大な雲を金色や朱色に染める。風に吹かれて自在に変容する雲が天使に見えたり、オリンポスの神々が下界を見下ろしているようにも見える。大自然の神が生み出す純粋な美。夜明けの空こそ究極の抽象画ではないのか。生涯をかけて描くべき彼のモチーフが決まった瞬間でした。

本展では、向日葵、薔薇、夜明けをモチーフにした作品40点を展示致します。

***

中島淳一 (なかしま じゅんいち)
1975~76、米国ベイラー大学留学中に、英詩を書き、絵を描き始める。
ホアン・ミロ国際コンクール、ル・サロン展などに入選。
日仏現代美術展(1982、83年) クリティク賞、ビブリオテック・デ・ザール賞。
フィレンツェ美の奇蹟展、リッカルド・アマディ芸術大賞(1997年)
ベルサイユ市芸術名誉市民(1998年)
国際芸術交流展神戸、CEPAL金賞(2010)
国際交流展神戸、グレチマリノ国際アカデミー賞(2011)
スペイン・バルセロナ国際サロン展、国際金賞(2012)
国際芸術大賞(日仏合同)展、日仏賞(2013)
国際交流展神戸、フランス国立シャガール聖書美術館友好協会賞(2015)
日伊王朝ワインラベル古都藝術祭、イタリアワイン革新藝術金豹賞(2017)

詩集「愁夢」「ガラスの海」、英詩集「ALPHA and OMEGA」、小説に「木曜日の静かな接吻」「卑弥呼」、エッセイ集に「夢は本当の自分に出会う日の未来の記憶である」がある。

1986年より、脚本・演出・主演の一人演劇を上演。演目は「沙漠の商人」「ゴッホ」 「釈迦」「ナザレのイエス」「卑弥呼」「親鸞」「羅生門」「ハムレット」「マクベス」「吉田松陰」など45作、公演数は1500回を越え、観客数は述べ20万人を越える。また、企業をはじめ学校での各種講演でも活躍、全国各地で多彩な活動を繰り広げる異色の芸術家として注目を浴びている。福岡県福岡市在住。

 

 

イベントカレンダー

  • S
  • M
  • T
  • W
  • T
  • F
  • S
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
バナー広告
ご希望の方はこちらへどうぞ。