JAPANESE | ENGLISH

はじめてご利用の方はこちら

展覧会

竹内修青銅アートオブジェinニューヨーク2017

日本ギャラリーでは金剛仏像の製作で知られる竹内修(たけうち・おさむ)の第2回ニューヨーク展「金のことば&C‐アート」を4月12日(水)から4月27日(木)まで開催します。

人物、動物、魚、植物などの形は、アルファベットの「C」に似た曲線が基本となり、その組み合せによって作られていると竹内は考えています。その「C型」の曲線を立体的にし、自然を最小の形で表現した青銅製のオブジェを「C型基本形」として大小6種類を制作、その組み合せによって、さまざまな思いや概念を表現したオブジェを「C‐アート」と名付けています。本展では竹内が2015年に発行したアートと言葉の作品集「金のことば」から厳選したオブジェ6点と新作5点を展示します。

入場無料
月~金 10:00~18:00、土 10:00~17:00、日曜休館
問い合わせ:電話212-581-2223

竹内修:
早稲田大学理工学部数学科を卒業後、国立リヨン大学経済学部に於いて“ヨーロッパ広域経済圏の数理経済学”の研究のため渡仏。その後、国立パリ大学(第5)へ“統計学及びマーケティング”の研究で再度留学。経済や統計学のみならずフランスの都市計画や西洋美術、ファッション等、多方面に渡り色々な知識を得た。帰国後、貿易や不動産開発、IT関係の会社経営に携わると同時に、200年近い歴史を持つ銅器製造業、高岡鋳芸社の経営にあたり、神社仏閣の建築装飾品や大仏、銅像等のデザイン・製造・販売を一括して手がけた。十数年前からⅭ‐アートを立ち上げ、技術者の育成と共に、美術家としての道も歩き始めた。

会期 April 12 (Wed)~April 27 (Thu)
開催時間 Mon-Fri 10:00~18:00
Sat 10:00~17:00
場所 Nippon Club 7th Floor
入館料 Free
詳細

これからの展覧会

星野光江染織展

会期 5/11 (Thu) - 24 (Wed)

Mitsue Hoshino Kimono

日本クラブでは、染織家の星野光江氏を迎え、「星野光江染織展」を開催致します。

星野氏は、女子美術大学時代の恩師で伝説的な染織工芸家と呼ばれている柳悦孝氏より染と織の伝統的な技法を学び、卒業後すぐに国展に入選。以来、47年間にわたり、糸を染め機で織る仕事に従事してきました。

本展では、着物13点を含む、79点の染織作品が展示される予定です。展示される着物は絹糸で、糸から染色して経糸を整えます。その経糸を絣にしぼり、右身頃、左身頃、衽(おくみ)、襟、袖と染め分けをし、機にかけて、手織りで一本一本織り上げた作品です。

染色は植物染料の渋木を基本にしています。星野氏は、堅牢度を大切にしています。100年経っても色褪せないように、足していく染料は植物染料で、刈安(かりやす)・福木・くちなし・蘇芳(すおう)・矢車・ゲレップ・あせん・ヘマチン・カテキュー・あかね・藍・ベニバナ・コチニール等を使用しています。そして、その上に化学染料で堅牢に向け、色を足していきます。繊細なグラテーションで色の濃淡を表しながら、独創的な配色を施した作品群は鮮やかで、見る人の心を明るくすると評されています。グラテーションを何層もかさねることは、たいへん根気のいる作業で、集中力の高さも必要です。

星野氏の大胆な作風の作品は、能の舞台やお仕舞の衣装、CMや映画に多く使われています。「日本の伝統美を次世代に継承し、いつまでも愛される作品を残していく」ことが、星野氏の願いです。
本展では、星野氏が13年間取り組んできたボビンレースの作品も併せて展示予定です。
是非、鮮やかな色彩と温かみのある風合いが魅力の星野光江の世界をお楽しみ下さい。

会期     2017年5月11日(木) ~ 2017年5月24日(水)
場所     日本ギャラリー (日本クラブ7階 145 West 57th Street, 7th Floor, New York, NY 10019)
時間      月~金 10:00 am ~ 6:00 pm、土 10:00 am~5:00 pm、日曜休館
詳細     Tel (212) 581-2223 E-mail info@nipponclub.org
入場無料


野村直樹オリジナル着物展 『女流歌人・清少納言』

会期 5/3 (Wed) - 9 (Tue)

SONY DSC

京都の着物を海外の方々に広く知って頂きたいとの思いで日本ギャラリーで開催してきた京友禅作家の野村直樹氏によるオリジナル着物展は今回で9回目を迎えます。

今年のテーマは、清少納言。平安中期に活躍した清少納言の代表作である「枕草子」や清少納言の生い立ちなどを参考に着物を創りました。今年は、日本古来の「彩」に取り組み、訪問着を中心に附下、染帯など、16点の新作を展示いたします。平安期の色を再現して制作した色無地も展示いたします。

野村氏が作り上げる着物は、伝統的な染色技法の「暈し染」を用いて季節の花、風景などを絶妙に取り入れ、落ち着いた中にも華やかな作品が多く、日本古来の雅の世界を追求しながら、現代女性たちに優雅な美の世界を提案し続けています。

野村氏は、京都の着物問屋に約10年間勤務の後80年に独立。その後オリジナルの着物の制作をはじめ、93年オペラの舞台衣装を手がけます。98年、ヨーロッパで展示会を開催するなど海外にも進出。04年にはニューヨークメトロポリタン美術館に着物コレクションを寄贈しています。

格調高い和装美にモダンの薫りを漂わせる野村の着物。古の都での日々の出来事や四季折々の美しい自然の情景と、最新の着物とのコラボレーションをお楽しみ頂ければ幸いです。是非この機会に本物の着物を見て感じてください。

会期     2017年5月3日(水) ~ 2017年5月9日(火)
場所     日本ギャラリー (日本クラブ7階 145 West 57th Street, 7th Floor, New York, NY 10019)
時間      月~金 10:00 am ~ 6:00 pm、土 10:00 am~5:00 pm、日曜休館
*最終日9日は午後4時閉館
詳細     Tel (212) 581-2223 E-mail info@nipponclub.org
入場無料

イベントカレンダー

  • S
  • M
  • T
  • W
  • T
  • F
  • S
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
バナー広告
ご希望の方はこちらへどうぞ。