JAPANESE | ENGLISH

はじめてご利用の方はこちら

カルチャー講座だより

新しい絵画の楽しみ方のご提案!
【オンライン】描いて学ぶ美術史 ~ピカソ・クリムト・へリング

第一回目のピカソが、好評のうちに終了いたしました。
次回は「クリムト」を描いて学びましょう!(お申込み締切:6/24)

「美術館へ行く」「画集を広げてみる」「美術史や伝記を読んでみる」、また最近では「オンラインで作品を鑑賞する」など絵画の楽しみ方は様々です。では、実際に描いてみるのはいかがでしょうか。このオンライン講座はレクチャーから絵画を描くことまでを通して、新しいアートの楽しみ方をご提案いたします。

1. ひとりの画家について知る

このコースでは、誰もが知る近代〜現代美術史の画家を取り上げ、その人物の人となり、活躍した背景や画風にいてお話します。6月5日はピカソ、6月26日はクリムト、7月24日はへリングです。

2. 画家のスタイルで実際に描く

その画家のスタイルで実際に絵を描いてみる、そして体感することで、その画家がどのようなことを表現したかったのかなど、アートに対する理解をより深めることができ、画家に対して親近感が湧く、そんな不思議な感情なども経験できそうです。

3. 絵を描くことによってストレスを発散する

絵を描くことで集中し、無心になる心地よさを感じ、描き終わった後には清々しい気持ちになれる、そんなセルフケアの時間をお過ごしください。

“アートに造詣を深め、絵を描いてセルフケアに結び付けることができる”、特に普段忙しくされている方に、アートをもっと知りたいと思われている方にぴったりの講座です。土曜日の13:00~14:15までの75分間。ご自分のために有意義な時間をご自宅で過ごしてみませんか?

6月5日(土) パブロ・ ピカソ (終了しました)
6月26日(土) グスタフ・クリムト (お申込み締切:6/24)
7月24日(土) キース・へリング (お申込み締切:7/22)

下記ボタンからお申込みください!

1クラス $35


【必要な画材】

・鉛筆&消しゴム
・画用紙 水彩絵の具(チューブ入りのもの一式(24色) )
・筆は最低、平筆、太、中、細
・黒い油性マーカー(太、細)
・色鉛筆(最低6色以上のセット)
・ハサミ
・糊(スティック状のものが使いやすいです)
・薄い色のクレヨンかキャンドル(バースデーケーキなどについてるもので十分です)
※絵の具を乾かすためのヘアードライヤーがあると便利です

講師: 太田 美奈子

担当講座:描いて学ぶ美術史 ~ピカソ・クリムト・へリング
画家。多摩美術大学日本画科卒業。Virginia Commonwealth University(アメリカ)、ケンブリッジ大学(イギリス)絵画修復科院生コースにて修学。日本、ロシア、アメリカ、フランスで展覧会を開催。美術館、教育機関などで、ワークショップや講座を開いている。2017年よりプリンストン(NJ州)在住。http://www.minako-art.com/statement


【お問い合わせ】カルチャー講座(culture@nipponclub.org)まで

カルチャー講座だより マンハッタンでおけいこ♫
バナー広告
ご希望の方はこちらへどうぞ。