JAPANESE | ENGLISH

はじめてご利用の方はこちら

展覧会

極秘のこだわり -画家ポールジェンキンスと日本美術コレクション-

左:能面、小癋見 (べしみ) – 出目光矩印江戸時代、18世紀
Paul and Suzanne Jenkins Estate Foundation所蔵
右:能面、神体、無銘、江戸時代、19世紀
Paul and Suzanne Jenkins Estate Foundation所蔵

 
日本ギャラリーでは、このたび満を持してアメリカの抽象表現主義画家、ポール・ジェンキンス(1923-2012)とその妻スザンヌ ジェンキンズ (1948-2023) の見事な日本美術コレクションを紹介する展覧を開催致します。『極秘のこだわり』というタイトル通りその展示作品の数々はニューヨークの自宅や、スタジオ、パリのスタジオ以外ではまとまって公開されたことはなく日本ギャラリーが初のお目見えとなります。70点に及ぶセレクションは根付、浮世絵、巻物の断、武具、文楽人形の頭、能面と狂言面、漆、陶器、それに加えジェンキンズが自身のバイオグラフィーに関した日本的要素を織り込んだコラージュも含まれ、アーテイストの日本美術に対するこだわり、関係と情熱を感じることができます。

ジェンキンスは、ポロック、ロスコ、マザーウェルなどと同時期に名を馳せた画家で、型破りな絵の具の注ぎ方、豊かな色彩の抽象画のキャンバスでよく知られています。ジェンキンスが、アジアの芸術と文化に魅了されたのは、アジアのアートコレクションで知られる故郷ミズーリ州カンザスシティにあるネルソンギャラリー (現在のネルソンアトキンス美術館) を頻繁に訪れていた十歳の頃に遡ります。昼食代を貯めて根付を買ったほど、日本美術に夢中になりました。

21歳でバージニア州の海軍航空隊に駐屯していた頃、勝川春光 (1743-1812)、歌川国芳(1798-1861)、勝川春英 (1762-1819) の歌舞伎役者などの浮世絵を真似て描いていました。その後は、ニューヨークのアート・スチューデンツ・リーグで油絵を学び始め、1950年代初頭には日系アメリカ人画家の国吉康雄 (1889-1953)に4年間師事をしました。その時、57丁目の骨董品店で能面を購入し、敬愛する師に贈りました。その直後、パリに移り、そこでは、葛飾北斎の絵手本、北齋漫画(ホクサイスケッチ)そして富嶽百景の絵本(全3冊)を手に入れ、北斎の絵を熱心に模写し始めました。ジェンキンスは、浮世絵の大御所に大いに影響され学んだという経験を書き残しています。ジェンキンスの手紙には、1964年に大阪の具体ピナコテーカに出展した際には、具体ムーブメントの創始者であった吉原治良 (1905-1972) の助けを借り、文楽人形の頭をまとめて購入したことなど、優れた日本美術品を常に探し求めていたことが書かれています。

左:「融通念仏縁起絵巻」より 巻物断簡、紙本着色、江戸時代(18世紀)
Paul and Suzanne Jenkins Estate Foundation所蔵
右:ポール ジェンキンズ (1923-2012)、“Phenomena Taught Reel”、1962 (アクリル、キャンバ)
Paul and Suzanne Jenkins Estate Foundation 所蔵

 
ジェンキンスの日本美術品収集への関心は、絵画や版画から陶磁器、漆、武器、甲冑、根付まで多岐にわたりました。このコレクションで特筆すべきは、10点を超える能面、狂言面そして珍しい文楽人形の頭で、これらは多くのアメリカの美術館のレベルまたは、それ超えるものです。ジェンキンスの日本演劇への情熱は、ピッツバーグのカーネギー工科大学 (現在のカーネギーメロン大学)で劇作を学んだことからもわかるように、彼が一生涯かかわった舞台芸能とのつながりを反映しています。

1983年に出版された著書 “Anatomy of a cloud”(1983)には、アジア美術との深いつながりについて詳しく説明しています。

「自分でもわからないのですが、東洋の美術にとても惹かます。東洋の考え方は、私の中に宇宙についての神秘的な感覚を育み、私の人生をずっと惹きつけてきました。東洋の芸術は、私を鼓舞し、応援し、二元論が普通に思える精神状態に入るのを助けてくれました。奈落の底と天国。上方と下方、暗い面、明るい面。月の闇、眩しい太陽」

左:ポール・ジェンキンス、日本の新聞の写真、1964年
写真提供 Paul and Suzanne Jenkins Estate Foundation
右:1964年11月、大阪の具体ピナコテカでジェンキンスのキャンバスの前での吉原治良とポール・ジェンキンス
写真提供 Paul and Suzanne Jenkins Estate Foundation

 
ジェンキンスは、1960年代から1990年代にかけて、東京と大阪のギャラリーで展示を行い、東京の国立西洋美術館、大阪の国立国際美術館、広島市現代美術館、富山県立近代美術館など、日本の多くの個人および公共のコレクションに作品が収蔵されています。この間、女優の黒柳徹子(1933年生まれ)などの著名人と出会い、親交を深めました。さらなる日本とのコネクションは、彼のイメージと作品が1973年のキリンシーグラムのウイスキーのコマーシャルで使用されていたこと、また彼の作品が様々な本の表紙で使われたことからも窺えます。

本展は、ジェンキンスの生涯にわたる情熱を日本美術に一巡させた公の場で開催される初めての展覧会です。ジェンキンス制作の作品12点、恩師である国吉康雄の作品1点など、作家自身のコラージュや絵画とともに、優れた日本美術コレクションを是非ご鑑賞下さい。

主催:日本クラブ
協賛:JCCファンド
共同キュレーター:マーサ・ブラックウェルダー、堀佐知子

共同キュレーターについて
マーサ・ブラックウェルダー
ジェンキンズエステート (NY)デイレクター、キュレーター、日本美術エキスパート、元 サンアントニオ美術館キュレーター、元アジアソサエテイー(ヒューストン)デイレクター

堀 佐知子
プライベートアートコンサルタント、日本美術エキスパート、元サザビーズ日本美術部デイレクター

会期 2024年2月9日 − 3月1日
開催時間 月-金10:00~18:00、土10:00~17:00(日曜日休館)
場所 日本ギャラリー
145 West 57th St, 7th FL, New York, NY 10019
入館料 入場無料
詳細

これからの展覧会

極秘のこだわり -画家ポールジェンキンスと日本美術コレクション-

会期 2024年2月9日 − 3月1日

左:能面、小癋見 (べしみ) – 出目光矩印江戸時代、18世紀
Paul and Suzanne Jenkins Estate Foundation所蔵
右:能面、神体、無銘、江戸時代、19世紀
Paul and Suzanne Jenkins Estate Foundation所蔵

 

日本ギャラリーでは、このたび満を持してアメリカの抽象表現主義画家、ポール・ジェンキンス(1923-2012)とその妻スザンヌ ジェンキンズ (1948-2023) の見事な日本美術コレクションを紹介する展覧を開催致します。『極秘のこだわり』というタイトル通りその展示作品の数々はニューヨークの自宅や、スタジオ、パリのスタジオ以外ではまとまって公開されたことはなく日本ギャラリーが初のお目見えとなります。70点に及ぶセレクションは根付、浮世絵、巻物の断、武具、文楽人形の頭、能面と狂言面、漆、陶器、それに加えジェンキンズが自身のバイオグラフィーに関した日本的要素を織り込んだコラージュも含まれ、アーテイストの日本美術に対するこだわり、関係と情熱を感じることができます。

 

ジェンキンスは、ポロック、ロスコ、マザーウェルなどと同時期に名を馳せた画家で、型破りな絵の具の注ぎ方、豊かな色彩の抽象画のキャンバスでよく知られています。ジェンキンスが、アジアの芸術と文化に魅了されたのは、アジアのアートコレクションで知られる故郷ミズーリ州カンザスシティにあるネルソンギャラリー (現在のネルソンアトキンス美術館) を頻繁に訪れていた十歳の頃に遡ります。昼食代を貯めて根付を買ったほど、日本美術に夢中になりました。

 

21歳でバージニア州の海軍航空隊に駐屯していた頃、勝川春光 (1743-1812)、歌川国芳(1798-1861)、勝川春英 (1762-1819) の歌舞伎役者などの浮世絵を真似て描いていました。その後は、ニューヨークのアート・スチューデンツ・リーグで油絵を学び始め、1950年代初頭には日系アメリカ人画家の国吉康雄 (1889-1953)に4年間師事をしました。その時、57丁目の骨董品店で能面を購入し、敬愛する師に贈りました。その直後、パリに移り、そこでは、葛飾北斎の絵手本、北齋漫画(ホクサイスケッチ)そして富嶽百景の絵本(全3冊)を手に入れ、北斎の絵を熱心に模写し始めました。ジェンキンスは、浮世絵の大御所に大いに影響され学んだという経験を書き残しています。ジェンキンスの手紙には、1964年に大阪の具体ピナコテーカに出展した際には、具体ムーブメントの創始者であった吉原治良 (1905-1972) の助けを借り、文楽人形の頭をまとめて購入したことなど、優れた日本美術品を常に探し求めていたことが書かれています。

 

左:「融通念仏縁起絵巻」より 巻物断簡、紙本着色、江戸時代(18世紀)
Paul and Suzanne Jenkins Estate Foundation所蔵
右:ポール ジェンキンズ (1923-2012)、“Phenomena Taught Reel”、1962 (アクリル、キャンバ)
Paul and Suzanne Jenkins Estate Foundation 所蔵

 

ジェンキンスの日本美術品収集への関心は、絵画や版画から陶磁器、漆、武器、甲冑、根付まで多岐にわたりました。このコレクションで特筆すべきは、10点を超える能面、狂言面そして珍しい文楽人形の頭で、これらは多くのアメリカの美術館のレベルまたは、それ超えるものです。ジェンキンスの日本演劇への情熱は、ピッツバーグのカーネギー工科大学 (現在のカーネギーメロン大学)で劇作を学んだことからもわかるように、彼が一生涯かかわった舞台芸能とのつながりを反映しています。

 

1983年に出版された著書 “Anatomy of a cloud”(1983)には、アジア美術との深いつながりについて詳しく説明しています。

 

「自分でもわからないのですが、東洋の美術にとても惹かます。東洋の考え方は、私の中に宇宙についての神秘的な感覚を育み、私の人生をずっと惹きつけてきました。東洋の芸術は、私を鼓舞し、応援し、二元論が普通に思える精神状態に入るのを助けてくれました。奈落の底と天国。上方と下方、暗い面、明るい面。月の闇、眩しい太陽」

 

左:ポール・ジェンキンス、日本の新聞の写真、1964年
写真提供 Paul and Suzanne Jenkins Estate Foundation
右:1964年11月、大阪の具体ピナコテカでジェンキンスのキャンバスの前での吉原治良とポール・ジェンキンス
写真提供 Paul and Suzanne Jenkins Estate Foundation

 

ジェンキンスは、1960年代から1990年代にかけて、東京と大阪のギャラリーで展示を行い、東京の国立西洋美術館、大阪の国立国際美術館、広島市現代美術館、富山県立近代美術館など、日本の多くの個人および公共のコレクションに作品が収蔵されています。この間、女優の黒柳徹子(1933年生まれ)などの著名人と出会い、親交を深めました。さらなる日本とのコネクションは、彼のイメージと作品が1973年のキリンシーグラムのウイスキーのコマーシャルで使用されていたこと、また彼の作品が様々な本の表紙で使われたことからも窺えます。

 

本展は、ジェンキンスの生涯にわたる情熱を日本美術に一巡させた公の場で開催される初めての展覧会です。ジェンキンス制作の作品12点、恩師である国吉康雄の作品1点など、作家自身のコラージュや絵画とともに、優れた日本美術コレクションを是非ご鑑賞下さい。

 

主催:日本クラブ
協賛:JCCファンド
共同キュレーター:マーサ・ブラックウェルダー、堀佐知子

 

共同キュレーターについて
マーサ・ブラックウェルダー
ジェンキンズエステート (NY)デイレクター、キュレーター、日本美術エキスパート、元 サンアントニオ美術館キュレーター、元アジアソサエテイー(ヒューストン)デイレクター

堀 佐知子
プライベートアートコンサルタント、日本美術エキスパート、元サザビーズ日本美術部デイレクター

イベントカレンダー

  • S
  • M
  • T
  • W
  • T
  • F
  • S
  •  
  •  
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
バナー広告
ご希望の方はこちらへどうぞ。