JAPANESE | ENGLISH

はじめてご利用の方はこちら

ニュース

日本クラブWEBギャラリー企画展「海老屋流茶箱」展 バーチャル・オープニング・レセプションを開催しました

04/21/21

  • 現在、日本クラブWEBギャラリーにて開催中の企画展「海老屋流茶箱」展(2021年4月15日 – 5月26日)のバーチャル・オープニング・レセプションの様子がYouTubeにてご覧頂けます。

    「海老屋」9代目主人の三宅正洋氏に骨董茶箱についてお話を伺った後、表千家教授中澤宗寿氏の男点前をご覧頂きました。そして、西川流宗家家元西川扇蔵十世(人間国宝)の長女西川祐子氏による日本舞踊をお楽しみ頂きました。日本舞踊題目は「お江戸日本橋」。海老屋美術店が明治維新後に京都から江戸へ移ってきた歴史にちなんで、本展のために西川祐子が創作したものです。日本橋から京都への道のりを表現した西川祐子の日本舞踊と、長唄三味線の音色を披露して頂きました。

    主催:日本クラブ
    協賛:J.C.C. Fund (ニューヨーク日本商工会議所基金)

     

    YouTube動画を見る

     

    【ゲスト】

    ■三宅 正洋 (みやけ まさひろ)

    1962年、日本橋室町の店舗兼住居にて生まれ育つ。大学卒業後に美術商としての修行を積み、現在に至る。海老屋美術店は延宝元年(1673年)に京都で創業以来、330余年続く老舗。創業期は社寺仏閣に、そして幕末期には御所に蒔絵や漆器などの調度品を納めていた。明治維新の際、天皇陛下の上京に従い、店も明治4年(1871年)に京都から東京・日本橋へと移転。大正時代から古美術も手掛けるようになり、戦後は古美術や近代絵画などを扱う美術店として展開してきた。

    ▶︎海老屋美術店 https://e-ebiya.com/


    ■中澤 宗寿 (なかざわ そうじゅ)

    1970年生まれ、東京都出身。「茶の湯」「日本舞踊」「歌舞伎」の伝統芸能の家系に育つ。(大叔父歌舞伎俳優三代目河原崎権十郎。大叔母 日本舞踊吾妻流宗家。) 語学力を活かして、2000年より海外での茶会や講演活動を始める。国内では学校教育にて講義を通じて、伝統文化の魅力を伝える。


    ■西川 祐子 (にしかわ ゆうこ)

    六歳より父・十世西川扇蔵に手ほどきを受ける。二十二歳より花柳茂香師に師事。“祐子の会”を主催する他、えんの会、NHKや国立劇場主催公演等に出演。また平成二十六年より祐子のしおり、研修会“日本舞踊彩”西川流稽古場で催す等、普及活動にも尽力している。日本舞踊振興財団評議員、川村学園大学非常勤勤務講師、大妻日本舞踊クラブコーチ。“むすびの会”理事。文化庁芸術優秀賞など受賞。振付作品に「井筒」「あらべずく」「風や」「道成寺」など。

    ▶︎西川流 https://nishikawaryu.jp/ja/

イベントカレンダー

  • S
  • M
  • T
  • W
  • T
  • F
  • S
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
バナー広告
ご希望の方はこちらへどうぞ。