JAPANESE | ENGLISH

はじめてご利用の方はこちら

ニュース

ホリデーパーティー 2018

12/20/18

  • 日本クラブ恒例ホリデーパーティーは12/20(木)です。
    食べて飲んで音楽聴いて♪
    楽しいひとときをお過ごしください。

     

    いよいよホリデーシーズンがやってきました。日本クラブでは全館オープンしてのホリデーパーティーを12/20(木)に開催します。今年のエンターティメントはWilliam Hakim率いる若手音楽家トリオによるクラシック室内楽で幕を明け、メインエンターティメントにはバースタイン生誕100周年を祝し「ウェストサイド・ストーリー」に決定!マリアとトニーのラブストーリーに焦点を当てたプチ・ミュージカルを、ブロードウェイで活躍するBronson Norris MurphyLarisa Martinezが熱演します。また、バー&グリルではベテランベース奏者Gary Haase率いるトリオが円熟したジャズをお聴かせします。

    例年にも増して更にパワーアップしたエンターティメントと、日本クラブ自慢のバッフェ料理・ドリンクと豪華景品が当たるラッフルを思う存分お楽しみください。

    日時:12月20日(木)6:00 pm~10:00 pm (5:30 開場)
    チケット:会員$120、一般$180
    お問い合わせ・参加お申し込みは212-581-2223

    または info@nipponclub.org まで

     

    ■ウェストサイド・ストーリー出演者プロフィール
    Bronson Norris Murphy
    魅力的、情熱的で美しい声と、素晴らしい演技力で知られるマーフィーはアンドリュー・ロイド・ウェバーの名作「オペラの怪人」の続編に当たる「Love never die」北米公演(2017-2018)でのThe Phantom(怪人)のほか、ブロードウェイの「オペラ座の怪人」のラウル、「キャッツ」30周年記念ツアーではガスやグロウルタイガー、また様々なプロダクションの「ウェストサイドストーリー」でトニーを演じている。ミュージカルの舞台に立つほか、歌と演技の教師としてニューヨーク大学やNYフィルムアカデミー、ジェフリー・スクール・オブ・バレーなどで、ボーカル、歌の解釈、音楽理論、オーディションテクニックに関するワークショップを開催している。
    Larisa Martinez
    2010年にプエルトリコでオペラ歌手としてデビュー。暖かい声質とユニークな音色で高く評価され、クラシックパフォーマンスの世界でユニークな存在を確立している。ニューヨークではロッシーニ作「ランスへの旅」のコリンナ、プッチーニ作「ラ・ボエーム」のムゼッタを演じ、賞賛を得た。また、2016年7月にはイタリアのマルティナ・フランカでファビオ・ルイジが指揮したメルサダンテ作「フランチェスカ・ダ・リミニ」の世界初演で、イサウラを演じた。私生活では著名バイオリニスト、ジョシュア・ベルのパートナーで彼のコンサートやTV出演で共演している。

イベントカレンダー

  • S
  • M
  • T
  • W
  • T
  • F
  • S
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
バナー広告
ご希望の方はこちらへどうぞ。